太陽光発電の価格を比較し、安心見積もりを

実際の太陽光パネルの耐用年数は?

実際の太陽光パネルの耐用年数は?

 

高い買い物であるからこそ、気になるのが耐用年数。

 

太陽光発電システムの耐用年数は法律上で定められている法定耐用年数というものがあります。

 

国税庁のHPによると、風力・太陽光発電システムの耐用年数についてというページに詳細が記載されています。

 

法定耐用年数とは?

実際の太陽光パネルの耐用年数は?

 

法定耐用年数というのは、何年使用できるかどうかを税法上で定めている期間のことです。

 

いわゆる減価償却のことです。

 

国税庁のHPには、太陽光発電システムにかかる耐用年数は9年が適用されるとあります。

 

しかし、自宅に設置した太陽光発電設備により余剰電力の売却収入というページでは「その他の設備」の「主として金属製の物」に該当するとあり、17年と記載されています。

 

9年とあったのは自宅用の太陽光発電ではないということですね。

 

耐用年数ひとつとっても、色々な税法がありややこしい印象を受けました。

 

しかし、法律上の耐用年数はあくまでも税法に関してのことです。

 

耐用年数を知りたいのは実際の話。

 

実際にどのくらいの年数、太陽光発電システムは耐用できるのか?

 

これが問題であり、一番知りたいところです。

 

法定耐用年数は一般的には17年と言われています

 

ソーラーパネルは20年以上は持つといわれており、長期にわたって使用が可能であることが分かります。

 

メーカーによっては色々と差がありますが、10年保障が多くみられます。

 

ですが、最近では長期の保障(15年や15年)をしているところもあります。

 

しかし、20年もつとっいっても絶対ではありません。

 

どんな製品でも、「え?もう壊れた!!」ということってありますよね。

 

大切に使っていても壊れる時は壊れる・・・これは仕方のないことかもしれません。

 

さらに、ソーラーパネルよりも寿命が短いといえるのがパワーコンディショナーです。

 

パワーコンディショナーは発電した電力を自宅で利用できるよう電気に変換する機器です。

 

パワーコンディショナーの耐用年数は10年ほどと言われており、それ以前に故障するケースもあります。

 

どんなものでも寿命があるものです。

 

だからこそ、高額な太陽光発電を設置する際にはしっかりとしたメンテナンスサービス、アフターサービスがある優良業者を選ぶことが大切ですね。

 

良いことばかりを押してくる業者は信用できません。

 

しっかりとデメリットを説明してくれる堅実な業者さんを選びましょう。

 

【タイナビ】太陽光発電の全国優良業者、見積比較