太陽光発電の価格を比較し、安心見積もりを

太陽光パネルの自然災害への耐久性は?

太陽光パネルの自然災害への耐久性は?

 

太陽光発電のソーラーパネルは屋根に取り付けるのが一般的。

 

設置するには時間もお金もかかり、そうそう簡単に取り外すなんてことは出来ません。

 

自然災害など色んな予期せぬことが起こったとしても、屋根にソーラーパネルは設置されたまま。

 

ちょっと台風が来るから一旦取り外しておきましょう…なんてことは出来ません。

 

となると、自然災害などが起こった場合、その耐久性が気になります。

 

太陽光パネルの自然災害への耐久性は? 

 

自然災害で思い浮かぶ例といえば。

 

1、台風

 

2、積雪

 

3、落雷

 

4、あられ・ひょう

 

5、火山灰

 

6、塩害

 

こんなところでしょうか。

 

一番気になるのは、毎年やってくる台風です。

 

太陽光発電のパネルの設置は建築基準法によって決められています。

 

地上15mにおいて、秒速60mの風圧に耐えられるようにと設計され、取り付けられています。

 

台風が近づくと気象ニュースなどで耳にする風速○m。

 

中でも、猛烈な台風と呼ばれるもので、風速が54m

 

このクラスの台風が来ても十分耐えられる計算になっています

 

 

そして、地域によっては悩まされているであろう積雪の問題。

 

おおよそ50センチ以下の積雪であれば、通常設置の太陽光発電でも問題はないとされています。

 

しかし、最近は豪雪といった時期もあります。

 

そのような地域の場合は太陽光発電の設置には一工夫されるようになっています。

 

雪の重みに対応できるようテンションバーで補強したり、架台の傾斜を50〜60度以上にして、雪が滑りやすくするといった対策が必要になってきます。

 

 

ずっと屋根に設置されている太陽光発電のパネルです。

 

自然災害への耐久力は十分考られた設計となっているのは安心です。

 

しかし、設置する屋根はそれぞれ違うもの。地域も違うもの。

 

しっかりと見積もりを取って、専門の業者さんから地域の特性や屋根の形状などを詳しく聞き、発電量を予測してもらうことが大切!

 

《公式/全国対応》100万人の利用実績!無料で太陽光発電一括見積り!