太陽光発電の価格を比較し、安心見積もりを

太陽光発電、夏冬発電量の違い

太陽光発電、夏冬発電量の違い

太陽光発電、夏冬発電量の違い

 

太陽光発電を設置しようとしたときに気になることといえば…

 

 

設置する価格

 

発電量

 

といったところではないでしょうか。

 

太陽光発電を設置する際にかかる価格というのは一時のものです。

 

しかし、発電量はずーーーっと気になる、家計にかかわってくるものといえます。

 

特に気になるのは発電量は春・夏・秋・冬と一年中安定しているのかどうか。

 

せっかくソーラーパネルを屋根に設置しても、発電量がなければ電気代の節約になりません。

 

それどころか売電で収入を得るなんてことも出来るのだろうかと不安になってきます。

 

特に夏と冬ではかなり違いがありそうな発電量。

 

も太陽光ですから、思い浮かべるだけでも差があるのは分かります。

 

では、どの程度違いが出てくるのか、どうしたことが原因で違いがあるのかを見てみましょう。

 

 

1.太陽光発電、冬のデメリットは日照時間の差!

 

  夏に比べると冬はどうしても日照時間が短くなります。

 

  これは地域によっても差が出てくるものなので、一概には言えません。

 

  しかし、夏に比べると冬は数時間も日照時間の差が生じます。

 

  どんなに晴れた日が多くても、日照時間が短ければやはり発電量は少なくなってしまいます。

 

 

2.冬のメリットは発電効率の良さ♪

 

  イメージでは太陽光の熱が発電量に繋がっているようにも感じたりします。

 

  しかし、太陽光発電は太陽熱ではなく、太陽光。

 

  そのため、夏の発電量が高いのは熱ではありません。

 

  あくまでも日照時間により、発電量が増えているのです。

 

  ただ、反対に高温すぎると太陽光パネルの温度が上昇してしまします。

 

  ソーラーパネルは高温に弱いのです。

 

  日照時間は長くても夏は発電効率は下がると言わています

 

  日中の1時間発電量を計測比較すると、夏よりも冬の方が発電していることが分かります

 

 

 

発電効率のいい冬ですが、やはり日照時間が短いというデメリットはどうしようもありません。

 

さらに、太陽の角度も影響し、効率よく発電できないという点も上げられます。

 

また、地域によっては雪が屋根に積もり、発電を妨げてしまうこともあります。

 

安定して発電量が高くなるのは3月から5月の時期。

 

夏だから発電が多いというわけではないようです。

 

一年を通して発電量が安定している時期はあまりないのが現実。

 

しかし、寒い季節でも、曇りの日でも発電はずっと続いています。

 

家庭での消費電力をおさえるなどの努力とともに、エコを意識した太陽光発電の生活もいいのではないかと思います。

 

《無料/全国対応》100万人が利用!太陽光発電の公式一括見積もりサイト!