太陽光発電の価格を比較し、安心見積もりを

投資として太陽光発電はどうなのか?

投資として太陽光発電はどうなのか?

 

太陽光発電といえば、売電収入が魅力。

 

節約や省エネ、環境に優しいなどという魅力もあるけれど、やはり収入が一番気になるところ。

 

だとすれば、太陽光発電を投資として考えてみるのはどうなんだろうか?

baidenshuunyuu

 

 

太陽光発電を始めるには、初期投資がどうしても必要になります。

 

初期費用、いわゆる導入費用が初期投資といえますね。

 

その後、投資額を回収した後は「収入」となります。

 

いかに効率よく導入費用を回収するかがポイントになってきます。

 

太陽光発電の設置費用(初期投資額)は結構かかります。

 

しかし、太陽光発電システムの価格は年々下がってきているのをご存知でしょうか?

 

 

一般的に家庭用の太陽光発電システムの導入費用は、「平均150万円程度」

 

もちろん、これは住宅の状況などにより違ってきます。

 

初期投資を150万円と考えると、この投資はどれくらいの発電量で、どれくらい売電すれば元が取れるか?

 

投資と考えるのですから、どれくらいのリターンがあるか・・・

 

150万円という数字は、1kwあたりの価格を380000円と仮定した場合、容量4kwの太陽光発電システムを導入すれば大よそ150万円となります。

 

この導入費用には太陽電池モジュール、パワーコンディショナー(発電された電気を家庭などで使用できるよう変換する装置)、屋根に取り付ける架台、その他配線、電気工事費用、電力会社に電気を売るための申請や手続き費用などが含まれます。

 

これは初期にだけかかる費用なので、導入後は考えることはありません。

 

あとは、毎日どれだけ発電されるか

 

そして、毎日どれだけ消費電力があるのか

 

この二つで売電価格が決まってきます。

 

気候や季節によって発電量が違ってくるのは仕方がありません。

 

しかし、消費電力は家族全員の意識で変えることが可能!

 

効率よく電気使用を考えれば、売電し収入がアップすることは間違いなし。

 

太陽光発電は初期費用がかかりますが、売電でコツコツと収入を得ることは生活に張りが出て、省エネ意識も上がります。

 

収入という投資も魅力ですが、家族の意識変革という意味でもとても魅力的だと感じます。

 

【タイナビ】約1分で見積り完了!太陽光発電一括見積り!