太陽光発電の価格を比較し、安心見積もりを

売電って何?

売電って何?

 

太陽光発電といえば、「売電価格」が気になるところですね。

 

売電というのは太陽光発電システムで発電した際、余った電力を電力会社に売ることを言います。

 

 

これまで買うしかなかった電力を、自家発電することで売ることが出来るという太陽光発電システムの大きな魅力の一つです。

 

せっかく太陽光発電システムを導入しするとなれば、どれほど発電量があり、どれほど売電できるか…

 

しかし、残念ながら売電価格は徐々に下降傾向になっています。

 

平成26年の売電価格は37円

 

昨年度より1円下がってしまいました。

 

 

売電価格推移 

 

 

今後の動向は一概には言えませんが、来年度以降も売電価格は下がるのではないか…と見られています。

 

そうした面からも考えると、やはり太陽光発電は早めに導入した方がよいのでは?と思います。

 

何故なら、売電価格というのは10年間固定(10kw未満の住宅用)となっているからです。

 

 

 

売電による嬉しい収入

 

毎日会社で働き、給料を受け取る金額の他に、何か副収入があればいいな♪

 

そんな風に思ったことはありませんか?

 

土地を持っている方なら、アパート収入があったり、駐車場経営をしていたりと、不労所得というものがあったりします。

 

いいな〜♪ でも、そんなものないし…

 

でも、太陽光発電ならどうでしょう。

 

家賃収入のように高額ではなくても、毎月金額も決まってはいませんが、売電収入は魅力的です。

 

売電収入 

 

 

太陽光発電システムが毎日働いてくれることになります。

 

いわゆる不労所得というやつですね♪

 

消費税増税に伴い、電気料金は値上がりしました…

 

自分の家で発電する力がなければ、ずーーーっと、電力は買うしかありません。

 

しかし、太陽光発電により自家発電が出来、余った電力は売ることが出来る♪

 

もちろん、太陽光発電を導入するには初期投資は免れませんが、長い目でみれば、安全でエコな投資といえるのかもしれません。

 

    ⇒ 太陽光発電で売電収入を得てみたい