太陽光発電の価格を比較し、安心見積もりを

自分の家は太陽光発電に向いているのか?

自分の家は太陽光発電に向いているのか?

 

太陽光発電を導入したい!と考えたときに、まずしてほしいこと。

 

それは「自分の家の屋根を知る」ことです。

 

太陽光発電を設置するには、自分の家が設置できる屋根であるのか、太陽光発電に向いている屋根なのかを知ることからはじまります。

 

ソーラーパネルを設置するために、自分の家の屋根の形状を知っていますか?

 

家を建てた時以来、屋根を気にしたこともなければ、どんな形だったかな〜と思うのが当然です。

 

日々、屋根を意識しながら生活しているなんてことはありませんから。

 

しかし、太陽光発電では「屋根」が一番大切です

 

屋根の方角はどっちにむいているか

 

太陽光発電は一般的には「南向き」に設置することが重要なポイントになっています。

 

方角だけでは一概には言えませんが、南向きでは100%.

 

東・西では85%の出力を得られると言われています。

 

 

屋根の勾配(傾斜)はどうなのか

 

太陽光発電を設置する場合、屋根の勾配の理想は30度。

 

30度が最適な角度だといわれています。

 

フラットな陸屋根などになると、雪が積もった場合の重量や、落雪などへの影響など、対策が必要になってきます。

 

 

屋根の材質は分かっているのか

 

瓦屋根(和瓦・洋瓦)であるとか、スレート瓦、など様々な種類があります。

 

屋根材の種類によって、太陽光発電の架台を取り付けする工法などが変わってきます。

 

また、設置したい!と考えていても、屋根の材質などにより、設置が不可能な場合の出てきます。

 

 

 

特に注意したいのは、屋根の方角と角度

 

太陽光発電を設置した場合に、発電量が大きく変わってきます。

 

自宅の図面などを用意しておくと、業者さんとの相談や見積時に役立ち、話が進みやすくなります。

 

 ⇒ 自分の家は太陽光発電が設置できるのか、業者さんに相談してみる