太陽光発電の価格を比較し、安心見積もりを

太陽光発電のリスクと対処法

太陽光発電のリスクと対処法

 

電気代の節約や売電と言った嬉しいイメージが太陽光発電にはありますが、もちろんリスクもあります。

 

導入に多額の費用がかかる太陽光発電は一種の投資といってもいいかもしれません。

 

投資にはリスクがつきものです。

 

どういったリスクがあるのか、業者さんは詳しく説明してはくれないケースが多いです。

 

リスクを踏まえ、どういった対処をすべきなのかを考えた上で、太陽光発電を導入することが大切です。

 

太陽光発電のリスク 

 

太陽光発電の導入時に関するリスクについて、まとめてみました。

 

 

太陽光発電にも寿命がある

 

物には寿命があります。

 

太陽光発電も例外ではありません。

 

徐々に劣化し、故障が多くなってくるものです。

 

対処法  メンテナンスのしっかりした業者さんを選ぶことが大切です。

 

 

災害などのによるリスク

 

自分の身には起こらないだろうと思っていることの一つが災害です。

 

大地震・台風・火災など。

 

また、最近多くなってきた竜巻やヒョウなどもそうです。

 

自宅に被害が及ぶようなレベルの災害が起こった場合、太陽光発電も被害があると考えられます。

 

対処法  保障のあるしっかりとした業者さんを選ぶことが大切です。

 

 

悪徳業者に騙されるかもしれないリスク

 

太陽光発電の業者に限ったことではありませんが、少なからず悪徳業者が存在します。

 

はじめて導入するからこそ、知らないことばかり。

 

専門用語を並べられると素人にはちんぷんかんぷんだったりします。

 

高い商品を買わされてしまう…といったことになりかねません。

 

対処法  騙されないようにするには、まずは太陽光発電を知ること。

 

        複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討すること

 

 

思った以上に発電量がないリスク

 

太陽光発電は導入してみなければ、実際の発電量は分かりません。

 

「大体これくらいの発電量が見込めますよ〜」と言われても、実際には試算どおりには行かない可能性もあります。

 

天候や季節などによって安定しないのは仕方のないことですが、試算が間違っているということも考えられます。

 

対策としては、複数の業者さんに発電量の試算を依頼することです。

 

条件が同じなのですから、発電量ぼ試算が飛びぬけて良い・悪いということは起きないはずです。

 

対処法  見積時に発電量の試算を依頼し、業者さんの比較検討をしてみる