太陽光発電の価格を比較し、安心見積もりを

太陽光発電パネルの寿命は?

太陽光発電パネルの寿命は?

 

太陽光発電を設置したら、ずーーーっと使えるのかな。

 

設置する前に知っておきたいことの一つですね。

 

太陽光パネルの寿命、すなわち耐用年数は…

 

ソーラーパネルで20年〜30年 といわれています。

 

さらに短い寿命の機器もあります。

 

それは、パワーコンディショナーです。

 

パワーコンディショナーとは、太陽光パネルで発電した電気を家庭内で使えるように変換する機器のこと。

 

このパワーコンディショナーの耐用年数は太陽光パネルよりも短く、寿命は約10年と言われています。

 

 

 

ただ、寿命と言っても全く稼動しなくなるというわけではありません。

 

太陽光パネルも、パワーコンディショナーも、耐用期間を過ぎると、劣化により、機器の故障などが起こりうる…ということ。

 

だからといって、それまでに故障がないとも言い切れません。

 

数年で故障したというケースだってあります。

 

それは、太陽光発電だけに限らず、自動車だって、家だって、家電だって、同じようなことが言えますね。

 

故障するかもしれないし、寿命が短いんだったら、設置しなくてもいいか〜なんて考えもあって当然だと思います。

 

でも、日本の太陽光発電の技術は日々進化しているのも事実。

 

しっかりとした業者さんを選べば、アフターサービス・メンテナンスもきっちり!

 

しっかりとしたメーカーを選べば、保障だってバッチリ!

 

だからこそ、安易に1社だけで太陽光発電の導入を決めてしまわないことが重要になってきます。

 

メリットばかりを話す業者さんではなく、マイナス面もしっかり話してくれる業者さんを選びましょう。

 

太陽光発電は耐久性が高い製品だといわれていますが、条件などにより耐用年数より前に故障などの恐れもあるのが事実です。

 

何がメリットで、何がデメリットなのか。

 

寿命だけでなく、しっかり把握して太陽光発電を導入したいですね。