太陽光発電の価格を比較し、安心見積もりを

古い屋根に太陽光発電は設置できる?

古い屋根に太陽光発電は設置できる?

 

最近は新築の屋根に太陽光パネルを設置することが増えてきました。

 

しかし、新築よりも既築の屋根に設置する方が倍近くも多いのです。

 

3分の2はいまだ既築が占めているという状態です。

 

それだけ太陽光発電に興味をもち、設置する価値があると考える人が多いということだと思います。

 

既存の屋根に設置する人が多いなら、自分の家でも設置できる!と、その前に確認が必要です。

 

古い屋根に太陽光発電は設置できる? 

 

どんな古い屋根でも設置できるのか??

 

太陽光パネルの重量を考えなくてはなりません。

 

確かに見るからに重そうですよね、あのパネル。

 

その上、昔ながらの瓦屋根だとするとどうでしょう。

 

瓦屋根への設置ももちろん可能ですが、施工方法を考えなくてはなりません。

 

支持瓦工法、支持金具工法などが主流になっています。

 

工法によっては、支持部分の面積が小さくなるので屋根にかかる負担が大きくなってしまいます。

 

古い屋根にどれほどの強度があるのかが問題となります。

 

築年数が古い屋根の場合、屋根ももちろん古い。

 

例えば、3kwの発電システムを設置するとした場合を考えてみます。

 

太陽光パネルに設置するための架台を加えると、その重量は300kg〜400kgにもなってきます。

 

瓦屋根でもたいていは設置できますが、補強が必要になってくることも考えられます。

 

まずは見積もりを取り、業者さんに設置が可能かどうか、補強するだけで大丈夫かなどを確認することが大切です。

 

《公式/全国対応》100万人の利用実績!無料で太陽光発電一括見積り!