太陽光発電の価格を比較し、安心見積もりを

太陽光発電のデメリット対策

太陽光発電のデメリット対策

 

メリットよりデメリットを知ることが大切です。

 

太陽光発電を導入する個人宅が増え、電気代の節約なるとか、売電できてお得!といった情報は流れてきますが、デメリットを知った上で導入しなければ、「失敗したな〜」なんてことになりかねません。

 

 

太陽光発電を設置する場合、どんなデメリットあるのでしょうか?

 

デメリット対策はまず知ることからはじめましょう。

 

太陽光発電の主なデメリットについて、まとめてみました。

 

太陽光発電のデメリット

 

デメリット1. 導入時の費用が高額である

 

デメリット2. 発電量が天候・夜間などの影響で上がらない

 

デメリット3. 太陽光発電システムの寿命があり、メンテナンスが必要

 

デメリット4. ソーラーパネルの重みで屋根に負荷がかかる

 

デメリット5. 条件によっては、導入できない場合がある

 

 

太陽光発電を導入すれば、電気代が安くなって、節約になる♪

 

と、メリットばかりではないことを知っておく必要がありますね。

 

売電できるといっても、雨や曇りの日は発電量が落ち込みます。

 

曇りの日の発電 

 

晴れた日を100%の発電量とした場合曇りの日であれば、およそ40〜60%程度

 

雨の日であれば、10〜20%程度になると考えられています。

 

もちろん、夜間は太陽がないのですから、発電はできません。

 

ただ、最近では曇りの日や雨の日でも多く発電する太陽光パネルも登場しています

 

晴れた日の発電量からすれば落ちますが、まったく発電しないということもなくなってきました。

 

しかし、太陽光発電だけでは家庭の電気を全てまかなうこと難しい…というのが事実です。

 

また、太陽光発電も永久に使えるものではありませんので、寿命がくればメンテナンスなどが必要になってきます。

 

また、積雪の多い地域では、落雪止めなどを設置するといった対策も必要になってきます。

 

太陽光発電導入したかったけれど、結構デメリットも多いな〜って感じますね。

 

しかし、電気代の節約、環境に優しい、売電の収入といった、メリットも考えつつ、本当に設置していいのかを考えてみることは大切です。

 

ただ、詳細な発電量などは自分では把握しにくいと思います。

 

業者さんに見積もりを依頼し、どれくらいの発電量を見込めるかというデータの提出を依頼することができます

 

   ⇒  失敗したくないから、自宅の予測発電量をチェックしてみる